You can watch surfing endlessly

Yohey!

Ken Imai

   

Jyunji

Hikaru .I

Shioda.K

Haseくん

  

Ryuzoくん

Yubo

Satomi

Viva

ideちゃん

Wakiさん

Tamiyaくん

Takashi 🍠

 

Ryuta S

Micro

 

日本代表としてカリフォルニアの試合に出場予定だったけど

コロナのせいで行けなかった けんちゃん!

凄い精神力。 情熱 いろいろなことを学びました

Arata

This piece was produced in partnership with the new Seiko Prospex, designed for extreme adventures. 

Every surfer, irrespective of their home coast, seeks an intimate relationship with the distinctive setups that define their wave region. Whether some combination of sandbar and jetty, rock pile and headland, or a dynamic twist in the coast that might both obstruct the prevailing winds and invite imminent swell, these amalgamations aren’t to be taken for granted. Indeed, for surfers, they’re magical formulas.

But for surf photographer Elli Thor Magnusson, the wave-rich Westfjords region of his native Iceland presents a different beast altogether. Magnusson spends his summers traversing the rugged topography around the coast, framing up dynamic landscape photos, while weighing swell potential among each fjord–where a considerable (and seemingly bipolar) diversity of microclimates exist.

“In one fjord, the wind can change the ocean to chop,” Magnusson says in a new short called ‘Meet the Surfing Explorer Who’s Helped Uncover Iceland’s Epic Waves.’ “In another the wind could be rocketing down toward the water, sculpting immaculate, ice-blue waves.”

Magnusson’s summer recon missions are intended to imbue providence for a winter ahead, which is when, as he says “It all comes together.”

Between the savage cold and fickle conditions, Magnusson’s program is certainly not for the faint of heart. But the short does lend credence to the talented lensman’s point that, “When you do get it right” in Magnusson’s distinctive zone “it’s the best on the planet.”

この作品は、極端な冒険のために設計された新しいセイコープロスペックスとのパートナーシップで制作されました。

すべてのサーファーは、故郷の海岸に関係なく、波の領域を定義する独特のセットアップとの親密な関係を求めています。砂州と桟橋、岩山と岬の組み合わせ、または卓越風を遮り、差し迫ったうねりを招く可能性のある海岸のダイナミックなねじれなど、これらの融合は当然のこととは言えません。確かに、サーファーにとって、それらは魔法の公式です。

しかし、サーフフォトグラファーのエリトールマグナソンにとって、彼の生まれ故郷のアイスランドの波が豊富な西部フィヨルド地域は、まったく別の獣を表しています。マグナソンは夏を過ごし、海岸周辺の起伏の激しい地形を横断し、ダイナミックな風景写真を組み立てながら、微気候のかなりの(そして一見双極性の)多様性が存在する各フィヨルド間の膨張の可能性を評価します。

「あるフィヨルドでは、風が海を切り刻むように変える可能性があります」とマグナソンは、「アイスランドの壮大な波を発見するのを助けたサーフィンエクスプローラーに会う」と呼ばれる新しい短編で言います。 、アイスブルーの波。」

マグナソンの夏の偵察任務は、彼が言うように、「すべてが一緒になる」冬の前に摂理を吹き込むことを目的としています。

野蛮な寒さと気まぐれな状況の間で、マグナソンのプログラムは確かに気弱な人向けではありません。しかし、この短編は、マグナソンの特徴的なゾーンである「地球上で最高」という才能のあるレンズマンの主張に信憑性を与えています。