SHOT ON LOCATION SUNRISE

ALL Photo by

Pakちゃん!

 

いつも有難う

 

ibuki

&まさと とツーショット

Kitamuraさんは どこにいてもお洒落なことしてる。

Kitamura.Y

今流行りの Zoomか!?

 

ナイスPakちゃんの シーケンス〜

Osakabe .J

Shotaro

Kitamura.Y

 

 

Mid-Lengths Are Going Mainstream

CHANNEL ISLANDS, …LOST AND FIREWIRE NOW OFFER MID-LENGTH MODELS FOR MASS CONSUMPTION

 

For at least two decades now, the terms “retro” or “alternative”, or even “hipster”, have been lodged as qualifiers to describe any surf craft not of the three-finned, high-performance shortboard variety. Despite sometimes being dismissed as a-functional relics, incapable of performing the kind of mainstream surfing displayed by the professional surfers whose names are attached to the signature model thrusters traditionally pumped out by big surfboard brands, alternative boards–keel-finned twins, single-fin eggs, etc.–have refused to go away. In certain pockets of the surf world, in fact, alt crafts retained a dedicated ridership, many of whom continued to tinker with and modernize these offbeat designs. Led by a handful of inventive crafts-people, many alternative designs, earned particularly fervent followings: Marc Andreini’s hull-bottomed single fins, Rich Pavel’s Lis-style fishes, and Ryan Lovelace’s fleet of off-kilter pocket-rockets come to mind.

Today, alternative shapes seem to be having a moment. In California, a quick survey of any lineup from Ocean Beach, San Diego to Ocean Beach, San Francisco is likely to reveal as many multiplex bottom contours and fin setups as potato chip thrusters. And that’s likely because many average surfers are realizing that, when compared to knifed-out, high-performance thrusters, some alternative boards are just easier and more fun to ride.

“Our mind state in general has changed,” says Southern California stylemaster and longtime mid-length acolyte, Devon Howard. Howard believes that the kind of smooth, stylish surfing he and others do on alternative boards is more relatable to many surfers than what the “elite athletes” are doing at ‘CT events. “The majority of people relate less to that and more to ‘experiences.’”

This week, Channel Islands released a new mid-length model (the CI Mid) and a retro-style twin-fin (the Fishbeard). CI’s latest foray into the alt-board market follows another multinational board brand Firewire’s hugely successful, Rob Machado-backed twin-fin line, which now includes an even more out-there model, the stretched out, mid-length fish called the Seaside and Beyond.

現在少なくとも20年の間、「レトロ」または「代替」、あるいは「ヒップスター」という用語は、3フィン付きの高性能ショートボード以外のサーフクラフトを表すための修飾語として使用されてきました。機能的な遺物として解雇されることもありますが、伝統的に大きなサーフボードブランド、代替ボード、キールフィン付きツイン、シングルヒレ卵など–立ち去ることを拒否しました。実際、サーフワールドの特定のポケットで、オルトクラフトは専用のライダーシップを維持し、その多くはこれらの風変わりなデザインをいじくり、近代化し続けました。ほんの一握りの独創的な工芸家に導かれ、多くの代替設計が特に熱烈な支持を得ました。マークアンドレイニの船底のシングルフィン、リッチパベルのリススタイルの魚、ライアンラヴェレスのオフキルターポケットロケットの艦隊が思い浮かびます。 今日、別の形が一瞬あるようです。カリフォルニアでは、サンディエゴのオーシャンビーチからサンフランシスコのオーシャンビーチまでのラインナップを簡単に調査すると、ポテトチップスラスタと同じ数のマルチプレックスコンターとフィンのセットアップが明らかになる可能性があります。そして、それは、多くの平均的なサーファーが、切り抜かれた高性能のスラスタと比較したときに、いくつかの代替ボードが単に乗りやすく、より楽しいことに気付いているためと考えられます。 「私たちの心の状態は一般的に変化しました」と南カリフォルニアのスタイルマスターであり、長年の中型の助手であるデボンハワードは言います。ハワードは、彼や他の人が代替ボードで行うスムーズでスタイリッシュなサーフィンの種類は、「エリートアスリート」が「CTイベント」で行っているサーフィンよりも多くのサーファーに関係があると信じています。 「大多数の人はそれよりも「経験」に関係しています。」 今週、チャンネル諸島は新しいミッドレングスモデル(CI Mid)とレトロスタイルのツインフィン(Fishbeard)をリリースしました。 CIのオルトボード市場への最新の進出は、Firewireの大成功を収めた別の多国籍ボードブランドであるRob Machadoが支援するツインフィンラインに続きます。シーサイドを超えて。

 

Now, if twin fins and bonzers are considered alternative, mid-lengths may more accurately be described as normcore–a kind of unpretentious outline that, put under the feet of the right surfer (see: Devon Howard), can be fairly radical.

No doubt the alt-board ascendance owes much to Howard’s smooth, stylish surfing on mid-lengths over the years. He’s had his share of egg-y models, most notably the Howard Special, a 2+1-style midlength that’s earned its own cult following.

Howard agrees, though, that the mid-length is having a moment. “What’s really clicking for more people these days on mid-lengths is accessibility,” Howard says. “The surfing most folks can do on those boards is more relatable than what the top pros are doing on the ‘CT on 5’11” chips.”

But just because the boards are relatable to a broader range of surfers, doesn’t necessarily mean boards like Howard’s are evolutionarily stunted. Even though he’s been riding mid-lengths for decades, Howard continues to tinker with outlines, rail shapes, bottom contours, etc. With the CI Mid, he says he’s arrived at a board with a broader range than his past egg-y designs.

さて、ツインフィンとボンツァーが代替と見なされる場合、ミドルレングスはより正確にノルムコアとして記述される可能性があります。これは、右のサーファーの足元に置かれる一種の気取らないアウトラインです(デボンハワードを参照)。

間違いなく、altボードの優位性は、長年にわたるハワードのスムーズでスタイリッシュなサーフィンに起因しています。彼は、独自のカルトファンを獲得している2 + 1スタイルのミッドレングスであるハワードスペシャルをはじめ、エッグYモデルのシェアを獲得しています。

ハワードは、しかし、ミドルレングスが瞬間を持っていることに同意します。 「最近、ミッドレングスでより多くの人々のために本当にクリックしているのは、アクセシビリティです」とハワードは言います。 「それらのボードでほとんどの人がサーフィンできることは、トッププロが「CT on 5’11」チップで行っているサーフィンよりも関連性があります。」

しかし、ボードがより幅広いサーファーに関連しているからといって、必ずしもハワードのようなボードが進化的に発育阻害になっているわけではありません。ハワードは何十年にもわたってミッドレングスに乗ってきましたが、アウトライン、レールの形状、ボトムコンターなどをいじくり続けています。CIミッドでは、これまでの卵のようなデザインよりも幅の広いボードにたどり着きました。

“Most mid-lengths feel limiting in small surf because the longer rail and bottom contours on the majority of them require a bigger, more powerful canvas to really open up and do their thing,” he says. “When we hand shaped our initial [CI Mid] prototypes, I was instantly surprised how well they went in waist-to stomach-high surf. It was like discovering a whole other gear I’d never accessed before, especially in the small stuff—and it was mostly thanks to that added speed from the double-barrel concaves that had directly descended from the evolution of Al [Merrick]’s Tri Plane Hull designs he did in the ’70s. We landed on modern relaxed rocker design that scoots, squirts and swivels with ease.”

Will we see big board brands like CI continue to experiment with mid-lengths and alt-leaning shapes? Given the consumer demand, Howard argues, it seems likely.

“Social media is really changing the landscape of what surfers are exposed to, and what most of today’s surfers are engaging with,” he says. “You see 10-times more views for many of Torren Martyn’s videos than you do of most of your top CT surfers. It seems that this is translating into demand for the big brands to make boards that address what people are liking.”

「ほとんどのミドルレングスは、小さなサーフでは制限を感じます。それらの大部分の長いレールとボトムのコンターは、実際に開いてその作業を行うために、大きくて強力なキャンバスを必要とするためです」と彼は言います。 「私たちが最初の[CI Mid]プロトタイプを手で形作ったとき、彼らが腰からお腹の高さまでのサーフでどれだけうまく機能しているかにすぐに驚きました。これは、これまでアクセスしたことのない他のすべてのギア、特に小さなものを発見するようなものでした。これは、アル[メリック]の進化から直接派生した2段バレルの凹面からの速度の向上によるものです。 Tri Plane Hullは70年代に彼がデザインしたものです。私たちはスクーティング、噴出、旋回を簡単に行える、モダンでリラックスしたロッカーデザインを採用しました。」

CIのような大きなボードブランドが、ミドルレングスとオルタナティブシェイプで実験を続けるのを見るでしょうか?消費者の需要を考えると、ハワードはそうであると主張します。

「ソーシャルメディアは、サーファーが何にさらされているか、そして今日のほとんどのサーファーが何に従事しているかの状況を本当に変えています」と彼は言います。 「Torren Martynの動画の多くは、ほとんどのトップCTサーファーよりも10倍多く再生されています。これは、大手ブランドが人々の好みに対応するボードを作るための需要になっているようです。」