不定期にお伝えする金曜日の波情報(午前)

南~南西寄りの風が強く吹いています

             

#Tetsuya Watanabe

        

#Yamanaka Kaiki

  

     

#Hiroshi Hasegawa

#Atsushiくん

#Wakiyama Michihiko

   

 

#Kikuchi先生

ナイスカービング!!!!!

       #Hide Harashima  

#Dai Sato

#Atsushiくん

  

#Hide Harashima

  

#Shojiさん

#Kikuchi H

 

Text by つのだゆき / Photo by snowy

エフプラス

メンズラウンドオブ24、16とウイメンズラウンド1消化。
連日波あるなぁ。まぁ、この試合の前まったく波なしの日々が続いていたので、バランス的にはこんな感じ?
朝けっこう波よくて、2ヒート目にこの試合初の10点満点が飛び出した。セス・モニーツのハイエアー。かなり高かったし、フラットなところにピッタリ無理なく着地しちゃったからな。飛び出したときには、あぁ~無理無理って感じだったけど、きれいに降りて
みんなびっくり、みたいな。

村上舜 - エフプラス
村上舜

レオナルド・フィオラバンティ - エフプラス
レオナルド・フィオラヴァンティ

日本人最後の生き残りだった村上舜。できることはやったかなぁ、と思う。レオナルド・フィオラヴァンティぶっちぎり、チャーリー・マーティンが責めあぐねてたから、チャンスはあったとは思うけど、乗られれば差が出ちゃう感じかね。早いけど軽い。あのサーフィンはQS6000のこの辺のラウンドに来ると厳しくなるかな。

ミゲル・プポ - エフプラス
ミギュエル・プポ

ジャドソン・アンドレ - エフプラス
ジャドソン・アンドレ

全体的にサーフィンでは、やっぱり元CT組が見せたと思う。特にレベルが高かったのはラウンドオブ16のミギュエル・プポ対ジャドソン・アンドレ。ジャドソンがペースをつかんで一方的に勝ったけど、内容的にはほかのヒートとだいぶレベルの差があったと思う。

ライアン・キャリナン - エフプラス
ライアン・キャリナン

あとは、ライアン・キャリナンいい感じ。

元CT組、CTの中で見るとう~ん、な感じで、だからこそQSに落ちてくるわけだけど、今回のようなCT選手のいないQSでみると、やっぱうまいじゃ~ん、と思う。

アレホ・ムニーツ - エフプラス
アレホ・ムニーツ

QSとCTの差ってすごいんだな、と思うし、普段私は本当にハイレベルなサーフィンを見てるんだな、と再認識。ここで見ると彼らのスプレーはぜんぜん違うんだけど、CTの中に混ざるとQSサーフィン抜けないなぁ、とか思っちゃうわけで、一口に世界といっても、6000とCTじゃまったく違うんだなぁ、と思った。

Pronto para o último dia de competição. Foco total. 📷: @misspakuo

A post shared by Alejo Muniz (@alejomuniz) on

アレホのinstagram

photo by pakちゃん!

 

パクチャン凄い!

これは便利、FCS2が簡単に取り外せるツール「FinsOut」が誕生。