明日は少しサイズアップ!?

おはようございます!

AM6:30 撮影

 

 

風は微弱の北西

しばらく続いた波も、

プアーになって三日目

 

 

 

インサイドよりのブレイクで 大きめ選んでショートライド

波のサイズは ヒザモモ〜set 腰

 

もしかすると明日

西高東低の北〜東ウネリで 多少サイズアップが期待できるかも?!

肌の乾燥にもご注意

西高東低になると 空気が普段より乾燥すると言われます

 

  • Blue. 69

2018年1月10日発行
\1000+TAX

1969 −Blue.69号記念特集−

1969年。ウッドストック・フェスティバルに40万人もの若者が押し寄せ、伝説となった。自由という言葉にひそむ刃を描いた映画『イージーライダー』が公開されたのもこの年だ。自動車は馬力競争が激化し、マッスルカ—が全盛を迎えようとしていた。その流れは時期も性格も“ショートボード革命”と酷似する。ちょっと前までアイビー・ファッションに身を固め、ロングボードを愛していたサーファーたちは、わずかな年月で長髪にヒゲ、ヒッピー然としたルックスに変わり、サーフボードを過激なまでに短くし、パフォーマンスを追い求めた。愛すべきキャラクター“マーフィー”を描いたリック・グリフィンは、時勢とともに作風を変え、サイケデリック・アートの旗手と呼ばれるようになる。音楽、ファッション、サーフィン……歴史上、こんなにも激しくユースカルチャーが動いた時代はない。2018年1月10日発売のBlue.は、そんな「1969」をピークとする’60年代の流れをサーファー目線で見つめた69号記念特集! いま私たちがファッションとして見つめがちなラブ&ピースとは、カウンターカルチャーとはいったい何だったのか? 当時を知らない私たちは、そこからなにを学ぶのか? 1967年に端を発し、1969年をピークとするショートボード革命から50年。今日へとつづくサーフシーンにあまりにも大きなインパクトを残した、若者たちの熱狂をあらためて感じたい。